私は夢に向かって 生きて行く

フードアドバイザー講座 11月13日

日本フードアドバイザー協会では、

11月13日と14日、フードアドバイザー講座を行いました。

この講座は、外食関連企業向けの講座で、飲食店経営の3大ポイントである

①料理メニュー開発

②サービス

③店舗の雰囲気

をより良く改善出来る、アドバイザーになる資格講座です。

従来のフード系資格講座は、料理を学ぶか、文化(カルチャー)を学ぶかのどちらかに寄っていましたが、飲食店経営全般のアドバイザー(相談者)となる資格講座として

とても有益な内容になっています。

初回はレシピプランナーという、料理メニュー開発の学びですが、

男性女性の参加者は、それぞれ色々な気づきがあったようです。

男性の作るサラダは、可愛く作る傾向があり、「女性からは物足りない、野菜のボリュームが少ない!」という意見は毎回聞かれます。

目線が違うのですね。

飲食店は、女性のお客様を求めているのに、業界は男性の多い社会のため、女性目線からはずれることが多いようです。

女性のアドバイザーが求められますね。