私は夢に向かって 生きて行く

好きなことか、得意なことか

ビジネスコーチングに関する質問で、よくお受けするのが、「得意な仕事と、好きな仕事のどちらを優先したらいいと思いますか?」というものです。

得意な仕事で、好きな仕事でもある中から選ぶことがいいと、私は思っています。
お客様は熱意がある専門家に、仕事を依頼したいと思うでしょう。
熱意は好きな仕事であればあるほど高まります。
好きな仕事は、長くやっていても疲れにくいし、楽しいので、自然と学習時間も増えて、専門知識が増して行きます。
好きな仕事は見いだしやすいですが、得意な仕事は、自己評価と他者評価が結構違います。
自分の長所や強み、お客様が対価を払っても依頼したくなるビジネスとしての得意さは、
誰か第三者で目利きの効く人にコーチングしてもらうことが早道だと思います。
こういうコーチングをコーチング・リソース(Resource)といって、クライアントの持つ、長所や強みはもちろん、様々な経営資源やチャンスが明確になります。