私は夢に向かって 生きて行く

吉原御免状

伝奇時代小説の大家、隆 慶一郎氏の『吉原御免状』は、何度読んでも面白い。

何度も何度も読み返したので、本の装丁カバーが切れて来ている。
ボロボロだ。
僕は時代小説ファンで、随分この分野は読んでいるが、この隆 慶一郎氏を越える伝奇時代小説にはお目にかかれない。
以前、電車内で読んでいたら、降りる駅(自宅の近くの)を乗り過ごした。
友人に、この本を貸すときに、面白くて駅を乗り過ごさないでね。と言ったら「オーバー(笑)」と言われたが、その友人も乗り過ごして、戻りの電車でまた乗り過ごしたら困るから、立って戻って来て、
降りた駅のベンチで夢中で読んだよ(笑)と教えてくれた。
強烈に面白い一冊。