私は夢に向かって 生きて行く

社長の販売学

DSC02681 itikura.JPG

昔、自分が初めて社長となった際に、「社長って何をするんだろう?」と、大いに迷い、
色々な本を読んだり、セミナーに行きました。
そんな時に出逢ったのが。故一倉 定(いちくらさだむ)先生の『社長の販売学』産能大学出版部です。
この本を初めて読んだ時、まるで雷撃にあったような感動をしました。
社長のするべきこと、会社のあるべき姿、目指すべき未来、様々なことを教えられ、
『一倉定の社長学全集』も購入し、まさに経営のバイブルとして多くのことを学びました。
経営不振というピンチでは、社長は自らお客様を訪問せよ。(お客様の本当の声を聴きなさい)
販売とは能率が悪く、経費がかかり、面倒くさいものである。
訪問の目的は顧客確保である。
いつ、いかなる時でも、メーカーは自らの商品は自ら売るのが本当の姿である。
等々、
たくさんの学びを自社に生かし、クライアント企業にもお伝えし、実践する中に発展への道が
開けてきました。
すでに絶版になったようですが、超一級品の良書です。