私は夢に向かって 生きて行く

宮崎裕之さん

弊社のミッション・コーチングを体験していただいたクライアント様からの
体験談を紹介するコーナーです。

カウンセリング・コーチングの仕事を初めて、早16年となりました。
数千人の方にカウンセリングとコーチングを体験していただきました。
人の思考や感情は本当に様々で、深淵なる世界です。
そこには、実にたくさんの強みや可能性があります。
そんな強みや可能性を発揮して、ミッションに向かって
活躍されている方々を少しずつご紹介していくブログ・コーナーです。
来年初めくらいには、ウェブサイトの新ページも開設します。

【ミッションに生きる人】宮崎裕之(みやざきひろゆき)さん

フェニックス株式会社 代表取締役 

 

宮崎さんバストアップ.png


私は現在、メンタルブロックを解消する個人セッションや各種セミナー、

シータヒーリングジャパンの運営、天然石ジュエリーブランド「アクアリリス」の企画、製造、販売、ソーシャルアプリ「8ソウルメイト」の企画、開発、運営等の仕事をしています。

 

社会人になりたての頃、上司からあれこれ難癖をつけられながら、どんどん成長していったのを覚えています。難癖をつけてくれる上司はいつしかいなくなり、自由に進められるようになったとき、たくさんの失敗を経験しました。事前に誰かが指摘してくれれば失敗しないで済んだはずなのに。そう、上司のような誰かが。

 

英語には「サウンディングボード」という言葉があります。自分の考えを聞いてくれて、それに対する率直な感想を言ってくれる相手のことを意味します。外資系の会社で働いていた頃、「サウンディングボード」を誰かに頼んで活用することが必須であり、それが仕事をとても楽にしていたことを思い出します。難癖をつけてくれた上司は、駆け出しの頃の私にとって「サウンディングボード」だったのです。

 

宮崎さんラジオ出演.png

ミッションコーチングは、過去3年半の間、私にとっての「サウンディングボード」の役割を果たしてくれています。昔の上司のような難癖ではなく、とてもソフトで前向きな雰囲気で私の相談を聴いてくれながら、さまざまなコメントやアイデアをいただきながら、楽しいディスカッションが進みます。その中で自然と私の長所が引き出され、短所が補われていきます。ほんの2時間のうちにさまざまな課題を解決する見通しがついて、とても気持ちよく仕事を進められそうな気持ちでいっぱいになります。ときには、私の仕事の役に立つ専門家を紹介してくれたり、他業種の方々との交流の場に誘っていただいたりなど、ビジネスに必要なネットワークも広がっていきました。

 

なかでもスクール立ち上げにあたっては水村和司さん自身がたっぷりノウハウをお持ちですので、具体的なご指導をしていたき、非常に感謝しております。数千人という規模の既存の組織にスクールの枠組みを導入するにあたり、とてもスムーズに進めることができました。

 

ビジネス面での成果に加えて、精神面での成果も大きかったと感じています。私自身がこれまで3年半ほどミッションコーチングを受けて、視野が大きく広がったと感じています。地球全体への働きかけるという大きなビジョンも、今は夢物語ではなくて具体的な計画として進められるようになりました。

 

今日、ソーシャルネットワークの普及により、世界中の誰とでもリアルタイムにつながれる時代になりました。世界がひとつになるというのが夢ではなく現実にもうすぐそこまで来ているのだと感じています。世界がひとつになる、それはどのような未来なのでしょう?

フェニックスは「地球維新」の先頭に立って、みんなが毎日輝く社会の創出に貢献いたします。

 

 

 

【水村和司からの紹介文】

宮崎裕之さんは、大手コンサルティング会社から外資系金融会社を経験後に、ヒーラーの道へ進むという異色の経歴を持っておられます。

やさしくて知性的な雰囲気の中に、大きな志とバイタリティーを秘めています。

 

シータヒーリングというアメリカで開発されたヒーリングを活用して、個人のメンタルブロックを解消したり、自己実現へのサポートをしておられます。

私も数年前に、自分自身の持つメンタルブロックを見つけてもらうセッションをお願いしたところ「人を癒すためには、他者の悲しみや、苦しみを受け止めて、背負ってあげなくてはならない」というマインドブロック(思い込み)が強くあることに気づかされました。それまで、カウンセリングが続くと背中がとても凝ってつらかったのですが、その思い込みを解消してもらうことにより、長年の背中の凝りや痛みから解放されました。「背負ってあげなくても、人を癒せるんだ」という思いに変化したのです。

 

宮崎さんはそのような個人セッションから、ヒーリングを行える人の養成、ヒーラーが活躍出来るためのサポートを幅広く行っています。

 

企業勤務時代に、社内でのコーチングをたくさん経験されたので、コーチングを上手に活用されています。

コーチングは、コーチが、傾聴というクライアントの言葉や心の声に耳を傾ける行為を基本とします。傾聴の時間の中で、クライアントは、自由に伸び伸びと喋りながら、様々なアイデアや、考え、気づきを得ることが出来ます。

宮崎さんは、たくさんのアイデアや考えを、その時間を活用して、まとめたり、錬ったり、課題を発見したり、ブレークスルーをするなど合理的に活用されます。

コーチング・カンバセーションという、コーチング特有の質問を多様することにより、気づきが進んだり新しい考えが浮かんだりするのですが、宮崎さんのようなアイデアがたくさんある方は、どこに集中するかを決めてから行動することが大切なのです。たくさんのことを同時に行うと全てが遅くなりがちですが、集中して行うとスピーディーに進み、確実な成果が出ます。

 

宮崎さんのようなバイタリティーと豊富なキャリアを持つ方は、大きな志を立てた時に力を発揮されます。新たな志を見いだし、現在、「地球維新」の先頭に立って、みんなが毎日輝く社会の創出に貢献するというミッションを遂行中です。

ミッションの実現を応援しています。