私は夢に向かって 生きて行く

ボディケア業界

ボディケア・整体の業界で価格のデフレが起きています。

つい最近まで、60分6000円、10分1000円で推移していた価格が、昨年くらいから出てきた
60分2980円のお店の出現で、大きく下がってきました。
数年前から、そろそろ安いお店が出てくるだろうな~と思っていましたが、いよいよ現れてきました。
60分2980円のお店は、都心ではかなり繁盛しています。
飲食店も同じですが、
差別化出来ないお店は、値下げ競争に巻き込まれてしまいます。
コーチングの世界で言うところの、「自分の人生を自分でコントロールしない者は、他人の人生に巻き込まれる」ことになりそうです。
「差別化出来ないお店は、差別化した繁盛店の勢いに巻き込まれる」というものですね。
立地の良い駅中や、ショッピングモールの中の大手チェーンのお店は、高い家賃を払い、標準化した金額設定をしているので、これから先の経営の舵取りが難しいことと思います。
スケールメリットは、不景気になるとスケールデメリットになると言われますが、大きなイノベーションが必要だと思います。
先日、弊社のサロネーゼセミナーに参加されたボディケア企業でも、仕組みを大きく変えなくてはいけないということで、相談に来られましたが、料金デフレのインパクトはとっても大きいようです。
私の経験から、小さいお店、小さい企業は絶対に、安売り競争には参加しない方がよいと考えています。
高付加価値で、適正利益の出る業態開発こそ生き残る道でしょう。