私は夢に向かって 生きて行く

プロフィールの上手な書き方

金環日食はとっても神秘的でしたね。

私は週末、大阪梅田のホテルにて、独立開業者のための開業成功セミナーの
講師をしておりました。
独立開業者の最大ニーズは集客です。
すでに開業して軌道に乗っている方も、これから開業をする方も参加されましたが、
集客力を上げることは最大の課題です。
そのためには、営業ツールの強化が大切です。
名刺やチラシ、ホームぺージやブログ、フェイスブックなどのコンテンツ(中身)です。
最初に取り組んで欲しいのは、プロフィールと写真です。
「私は誰で、何をする人なのか」、「誰の何の役に立つ人なのか」が伝わるものです。
人的サービスである業種ほど、サービス提供者のプロフィールは大切です。
専門性
本気感
信頼感 
親近感
共感
が感るように書きます。
しかし、これがなかなか大変!
最初の1歩ではありますが、この1歩が難しいという方が多くいます。
プロフィールは会社でいえば、自社を再定義することであり、経営理念やミッションですから、
大変なのです。
だからこそ、これをしっかりと書くことにより、ステージが上がるようです。
自分は何をしたいのか(目標)、なぜしたいのか(目的)、何をするべきか(計画)
が明確になります。
コーチングでは、クライアントにICレコーダーか、スマホのマイクアプリを用意してもらいます。
会話をしながら、今までのキャリアや、学び、体験などを色々聞いて行きます。
さらに、やりたいこと、好きなこと、喜ばれたこと、求められることなどを、コーチング特有の
質問で引き出すと、様々なプロフィールに活用出来る体験や考えが出てきます。
その都度、マイクに向かって「ここポイント!」と吹き込み、それを後でワープロで文章化し編集作業をして完成します。
自分で書く場合は、いくつかの段落に分けて、
1.キャッチコピーを書く
2.自分の大まかな仕事上の経験を書く
3.今の仕事を選んだ理由や、伝えたいことを書く
4.自分の強みや売り、ミッションを書く
5.趣味や、好きなことを書く
こんな流れで書くと書くやすいようです。
それでもプロフィールを書くのが「おっくうだな~」という人は、プロフィール書きの
前にプロに写真を撮ってもらうことを勧めています。
勝負写真を撮って、それをブログなどに貼ると、自己イメージがアップします。
すると、そのイメージアップに合わせてプロフィールもバージョンアップしたいな~と思える
ようになります。
これを書きたいな~という想いを強めてから書いてみるといいですね。