私は夢に向かって 生きて行く

弁護士会でのセミナー2012.07.29

霞ヶ関にある、弁護士会館にてセミナー講師を担当させていただきました。
主催は、第二東京弁護士会所属の中堅&若手の弁護士さんの会です。
いつもお世話になっている弁護士のN先生のご縁で、講師をさせていただきました。
昔は、弁護士資格は年間500名しか認められなかったそうですが、現在は年間2000人。
弁護料金も昔は全国的なガイドラインがありましたが、現在は自由競争となり、
弁護士事務所の経営の仕方も随分とイノベーションをしているそうです。
そこで、中堅や若手の先生に役立つと思われる、コーチングでの
強みの引き出し方の内容をお伝えいたしました。
法律事務所の強みの発見や、顧問先の社長への相談に役立てていただければ幸甚です。
ご参加いただきました先生、ありがとうございました。
ご発展を念願しております。

プロコーチ実践会開催2012.07.26

MB900439373.JPG
シータヒーリングジャパン内での、プロコーチ実践会を開催しました。
昨年より、世界で先駆けてシータヒーリングジャパンで進んでいるプロジェクトの一環です。
プロフェッショナル・コーチングの教育を受けて、認定試験に合格した方が参加されます。
昨日の実践会参加者は11名、大阪や和歌山からも参加してくれました。
全員、プロのセラピストです。
普段はヒーリングやセラピーをコアビジネスとして活躍されていますが、クライアントの多岐に
わたる課題や要望にお応えするために、コーチングスキルも学んでいます。
昨日はポジティブ心理学に中のスキルをメインにお伝えしました。
ポジティブ心理学とは、 セリグマン博士とチクセントミハイ博士が創始した心理学と言われています。
その特徴を大まかに言うと、
「人は、仕事で成功したり、課題を乗り越えたら幸福になれると考えることは多い」が、
「幸福な人が仕事で成功したり、課題を克服しやすい」という考えの理論です。
ですから、明るく前向きな気分を作るための考え方やスキルが学べます。
講義&ワークショップで、そのスキルを体験していただきました。
秋には、エグゼクティブ・コーチングのスキルもパッケージでお伝えできればと思います。
プロコーチの皆さんの大活躍を期待しています。

金運がアップする財布とは2012.07.21

2012-07-21 18.31.30.jpgそろそろ財布を変えようかな~と思い、今度はどんな財布にしようかと考えていました。

出来れば金運がアップする財布で、カードがたくさん入る、クールなタイプがいいな~と
漠然と考えていました。
でも、いい財布ってそもそもどんな財布なんだろう・・・?
新聞の日曜版に、黄色い財布は金運が上がります!とか、龍の刺繍がいいんです!とか書いてあるけど、どっちも持ちたくないよな~と迷っていたら。
敬愛する習慣の専門家「佐藤 伝氏」の新刊が、まさに
「一瞬で、金運がアップする!財布の習慣」ではないですか!!
これはシンクロしている。と感動し、早速読ませていただきました。
すると・・・・。
今まで使っていた財布は、あまり宜しくない。。。という驚愕の事実にぶつかったのです。
財布にもこんなに色々と原理原則があったとは・・・
例えば文中に、「黄色い財布を持つとお金持ちになれますよ」という広告は多いですが、
お金持ちの方が黄色い財布を使っているところを見たことがありません。
(P38にそんなくだりがあるんです)
なるほどーーーー。確かに僕も見たことがない。
黄色は外に使うのではなく、中に使うと良いらしいです。
中がゴールド(金)が正解なんですね。
しっかりと読破して、伝さん、ご推薦の長財布、コードバン(馬の皮)を探しに行きました。
ちなみにここ数年は、財布は新宿伊勢丹メンズ館で購入しています。
いつものように伊勢丹メンズ館に行ったら・・・凄い人です。
バーゲンです!
ここでは不況とか、デパートの売上げが下がっています。という
ニュースが嘘のように感じます。
お祭り騒ぎのような店内で、僕もコードバンの長財布を購入しました。
バーゲンで安くなっていてラッキー!
中は金色ではないですが、なかなか気に入っています。
特に、伝さんの本の内容をしっかり内包してそうな財布なので、気分がいいです。
財布を変えて金運を上げたい方にお薦めの一冊です。
「一瞬で、金運がアップする!財布の習慣」
http://www.amazon.co.jp/%E8%B2%A1%E5%B8%83%E3%81%AE%E7%BF%92%E6%85%A3-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E4%BC%9D/dp/4054053505/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1342864360&sr=8-1

ディベロップメントカウンセリングとは?2012.07.21

先月今月と、セミナー講師をした会場での質疑応答で3回、ディベロップメントカウンセリングとコーチングは違うのですか?と聞かれました。

そえぞれ違う会場で、参加者層も違うのに・・・・。3回聞かれるとは・・・・。

シンクロしている!

これには、どんな意味があるんだろうか。。。?
TVで、放映でもしたのでしょうか?

ちなみに、ディベロップメント(development)とは、開発という意味ですよね。
または発展とか、成長という意味にも使います。

デベロップメントカウンセリングとは、悩んでいるクラアントの悩み相談や、癒しを目的としたカウンセリングではなく、能力開発や、やる気を高める系の相談スキルということです。
そういう意味では、コーチングと言ってもいいと思います。

私は、キャリア・ディベロップメント・カウンセリングと、キャリア・コーチングの
オーダーは同じように対応しています。





やるべきことをやると上手くいく2012.07.13

集客が増えない、売上げが伸びないのは、やるべきことをやっていないからです!

と、セミナーでお伝えしています。
ここ数年の不況の影響からか、独立開業セミナーや、新規開拓セミナーのご依頼を
たくさんいただきます。(感謝)
「やるべきこと」とは、極めて簡単に言えば、売りをしっかりつくり、PRすることですよね。
例えば、1社に1個のホームページの時代は過去の話で、今は1商品1サービスに1個の
ホームページが必要です。と言っています。
また、プロフィールやプロフィール写真も、専門性や本気感、親近感、共感、信頼感が
現れているかが重要と言っています。
そこで、自分を振り返ってみたら、営業ツールが古くなっているのに気づきました・・・。
(反省)
やはり、模範を示さないといけないなと思い、サイトを2つ増やしたり、写真を新しくしたり、
名刺を作りかえたりとしてきました。
すると・・・・、
問い合わせが前年前月比で、約3倍に増えました。
得に、サイト(ホームページ)が効いているようです。
◆コーチングの仕事では↓が。
http://www.m-coa.com/
◆セミナー講師では↓が、
http://sem.m-coa.com/
頑張っています。
友人のIT企業のY社長が、サイトは24時間365日働き続ける営業マンです。
と言ってましたが、本当によく働いてくれます。
頼もしいです。

秘伝スペシャルクリーム2012.07.12

関西のエステティシャンTさんは、長年の仕事疲れで、腱鞘炎が重くなり困っていました。

サロンは繁盛しているのに、手が痛くて仕事が続けられない・・・どうしよう。
そんな相談でした。
そこで、私の知人のエステティシャンの間で流行っている秘伝のスペシャルクリームの原料イリドイドと調合方法をお伝えしました。
数日後に、電話が来て、スペシャルクリームを塗ったら翌日には痛みが引いた!とのこと。
さらに、お客様にその感動を伝えたら、「私も手が痛い」とか「腰が痛い」、「首と肩が痛い」等の
方が是非塗って欲しい、と言われ、塗ってリンパマッサージをしたら、早い人は1時間くらいで、痛みが消えた!!との感動が続出とのこと。
エステは技術だけなく、商材も大事なんだと改めて気づきました。
商品開発もKSF(キーサクセスファクター  決め手)の一つですね。

コーチの集客はどうすればいいのか?2012.07.12

コーチやカウンセラーからの依頼で、コーチとカウンセラーのための新規開拓セミナーを

開催しました。
コーチやカウンセラーの資格はとったものの、なかなかお客様が増えない、だから売上げも増えない。ということで困っている開業者や、開業希望者に向けての2日間のセミナーです。
セミナー内容は弊社の独立開業公式サイト http://sem.m-coa.com/
に掲載しているものです。
もう何年間も開催してきましたが、ニーズは10年前とほぼ同じです。
自分の売りや強みがわからない、見込み客がはっきりしないのでPRが進まない。
ホームページの内容が決まらない、キャッチフレーズやプロフィールが書けなくて困っている。
等々です。
2日間のセミナーで、やりたいことや出来ること、やるべきことが決まった!とか、
なぜ踏み出せなかったかが理解出来た。
不安感のコアがわかり、勇気が出た等の感想をいただきました。
「思ったほど上手くいかないのは、上手くいく方法を知らないからである」という言葉が
あります。
知らないことは出来ません、知らないと不安が大きくなります。
新規開拓成功の第一歩は、「上手くいく方法に気づくこと、学ぶこと」だと思います。

二人の関係を修復する秘密兵器2012.07.08

3925478本物.jpg

東北日本大震災の後、結婚も増えましたが、離婚が急増しているようです。震災に遭遇し、自分の生き方を見つめた時に「私が一緒に生きていきたいのはこの人ではないと、はっきりわかったので別れることを選択しました。」という話をたくさん聞きました。

震災という大きな出来事が意志決定をするトリガー(きっかけ)となったようです。

現在、1人暮らし世帯は、全世帯の31.2%を占め、初めて3割を突破。夫婦と子供の世帯(28,7%)を抜いて、最も多い家族形態です。「平成22年国勢調査より」

一人暮らしが急増しているのです。自由な一人暮らしは、若くて元気で収入もある時はいいかもしれませんが、将来への不安も大きいようです。「病気になった時どうしよう」、「さみしさや退屈な気持ちをどうしよう」、「経済的な不安も大きい」とよく聞きます。

そういう不安がありながらも、別れを選ぶカップルが増えているのです。

愛するカップルが別れを選ぶ前には、助走期間があります。

ネガティブな感情が生まれ育ってしまう期間です。そんな時どうすればいいのでしょうか?

実はそういう時のために修復努力の秘密兵器があります。

『リペア・アテンプト』(repair attempt)と言うものです。

カップルがけんかをしたり、言い合いになって気まずい雰囲気になった際に、仲直りするための秘密兵器を準備しておくものです。

これをすればどんな時でも機嫌が良くなるというものを、あなたは持っていますか?

ある女性は、パートナーとケンカをすると、しばらく一人になって落ち着いたら、二人のお気に入りのぬいぐるみを出してきて、壁の影からぬいぐるみでパートナーに話しかけます。

「いじめないで・・いじめないで・・」、とか、「かわいそうだから許してあげな・・」などと言うのです。これをされると、パートナーも「ぷっ!」と思わず笑ってしまうのだそうです。

ケンカをしていて笑ったら終わりですよね。その瞬間二人の関係がよくなります。

カップルのケンカの8割くらいは、なぜケンカを始めたのか分からないというほど些細なことのようです。些細なケンカなら、早期治療で治しましよう。

ケンカをしてもパートナーが笑ってしまうような秘密兵器や、返し技がある人は余計なストレスから解放されます。

私のクライアントの男性も、ケンカをした時は、台所の食器を洗ったり、洗濯ものを取り入れたりして、女性の機嫌を取り戻すリペア・アテンプトを持っています。

二人が気分の良い時に、パートナーに、「私はこれをされたら弱いの」ということを知ってもらっておくのがコツです。

 ☆拙著 「デキル男の育て方  ガールズコーチング」より抜粋





 

Copyright© mission-co, All Right Reserved.