私は夢に向かって 生きて行く

女は共感 男はプライド

多くの女性は共感することをとっても大切にしますよね。語り合うこと、わかりあうこと、体験や感情を共有することなどです。会話も、結論よりも内容や体験が優先です。

女性は、喋りながら、今の感情や悩みに気づいたり、問題点を明確にしたり、過去の体験と照らし合わせたり、どうしたいかを考えたりが同時に出来ると言われています。

いくつもの思考を喋りながら、同時並行で行えるのです。実はこれは凄いことなんです。

女性は普通におこなっていることなんですが、男性にはなかなか出来ませんし、わかりません。ですから、女性の長い話を聞いている男性は「結局何が言いたいの!」とか、「何か不満でもあるの!」と言い出すことがよくあります。

女性からすると、ただ話を聞いて欲しい、出来れば共感して欲しい、と思っているだけなのに、この「共感」についての理解がしてもらえません。

コーチングやカウンセリングでも、女性クライアントは、男性に比べてとっても長くお話されます。人によっては2時間くらい休みなく話をし続けることが出来ます。

自分で自分の話に共感しながら、ガス抜きをしたり、心を整理したり、問題の解決方法を考えたりしていきます。そして、おもいっきり喋って、「あ~スッキリした!」とか「どうすればいいかわかったわ~」と気分よくされているのです。

男性のコミュニケーションは女性とは違います。男性は、女性のコミニュケーションを『感情』のコミュニケーションとすると、男性のコミュニケーションは『情報』のコミュニケーションと言われています。男性は「教えてあげたい」や「教えてもらいたい」を優先します。

例えば、優秀な営業マンは、新しい販売方法を編み出したりすることが大好きです。そして、それを仲間や後輩に伝えて喜んでもらえたことで自尊心が満たされます。

また、仕事上の問題に直面している人が、その解決方法を誰かに教えてもらいにいったとします。教えてもらった方法で無事に解決出来たりすると、教えてくれた人に信頼感や親近感を強くもつものです。

問題に直面している時に、誰かに話して共感してもらいたいとはあまり考えません。

これは、男性が『プライド』の生き物と言われているゆえんではないでしょうか。

プライドが高いから、自分の本当の気持ちはあまり語りません。

プライドが高いから、教えることは大好きです。

プライドが高いから、物事をうまくこなすための情報は欲しがるのです。

女性が、共感を求めた時に、男性が教え魔に変身する理由もここにあります。

ただ、「誰に」教えられたか、ということを男性はとても重視するものです。尊敬する上司から聞くと「そうだ!!」と思う同じ内容を、妻や彼女に言われたらカチンとくるのです。それは男性のプライドに関わることだからです。「このあいだ上司に○○ということを教えてもらってさ~、ほんとそうだな~と思ったんだよ」と男性が言うのを聞いて「それ、同じこと私が言ったじゃない、あの時全然聞かなかったくせに!!」ということがあっても、それは当然なのです。

「誰に聞いたか」ということは、男性のプライドにとって大切なことだからです。仕事の仲間に対してと、自分の理解者でいてほしい女性に対しては、求めているものが違うものです。一番の自分の理解者でいてほしい女性だからこそ、「言われたくないこと」もあるということなのです。


 拙著 「デキル男の育て方」(電子書籍)より

http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/21426/