私は夢に向かって 生きて行く

環境は自分の心の表れ

心理学における投影(とうえい)とは、自己の悪い面を認めたくないとき、他の人間にその悪い面を押し付けてしまうような心の働きを言う。一般的には悪い面を強調することが多いが、良い投影も存在する。

投影は日常生活においてよく起こっている。例えば、なんとなく嫌いだった人物が、実は自分の否定的な、認めたくない面を体現していたなどである。

ユング心理学では、元型の一つ (Schatten) とも関連し、否定するのではなくそれを自分の一面として認識し受容することで、もっと大きな「大いなる自己」・自己実現へと成長するきっかけとして活かすことができると言う。

 

 

簡単に言えば、自分の意識と無意識が、目の前に現れている人や環境である。

ということです。

自分で作り出している。

自分で引き寄せている。

ということです。

 

何回転職しても同じような仕事場にあたる

何回恋愛しても同じような結末になる

 

時を変え、人を変え、場所を変えても同じようなことが起こる時、

それは自分の意識・無意識が作り出していること

引き寄せていることです。

 

ですから、変えたいのであれば、他人や環境変えても効果が薄すいのです。

原因は外にはないからです。

 

まず自分を変える

自分から変わる決める

どうしたいか、どうなりたいかを決めることです。

 

カウンセリングの有名な言葉に、他人と過去は変えられない。

自分と未来は変えられる。

というものがあります。

どうしたいか、どうなりたいかを決めること!

 

まず自分を変えることで未来は変わります。