私は夢に向かって 生きて行く

傾聴と気づき

傾聴とは相手の心の声に寄り添い、聴くスキルですが、

目指すのは、クライアントが自分で自分の心の声を傾聴することです。

人は喋りながら、同時に自分の言葉を聴いています。

目の前にいる人が上手に傾聴していると、段々と自分の世界で喋ることが出来るようになります。

あたかも長い独り言を言っているような様子です。

すると、次から次に、

自分はこんなことを考えていたのか、

こうすればいいのか、

いやもっとこうすればいいかもしれない、

楽しそうだ、

やってみたくなってきた。

と、

ノリやフィーリンガが磨かれます。

そういう状態でこそ、気づきや、答えが出てきます。

「答えは自分の中にある」

まさに至言ですね。