私は夢に向かって 生きて行く

スケールメリットとスケールデメリット

テクノロジーの進化と社会の変化により、

様々な業界で新しい産業やサービスが生まれて、

古いものが淘汰されています。

 

ピンチの中に成長のチャンスがあるとも言われるので、

まさに大きなチャンスが来ているのだと思います。

 

飲食業界などでもスケールメリットと言われていた

規模の大きさが、コストの増大や、求人の困難につながり、

スケールデメリットと言われるようになっています。

個店にとってはチャンスですね。

 

個店は「魅力づくりがファンづくり」です。

 

コーチングでは、

そのサービスに絶対必要な「類似化ポイント」と

ここにあって他所にはない強みを活かした「差別化ポイント」を

ある比率にのっとり作ります。

 

差別化だけに目を向けてもいけませんが、差別化がないと選んでもらえません。

 

強みは自分にとっての「当たりまえ」の中に隠れていて、

他人からの視点がないと、つい見逃してしまいます。

 

業績アップのシーズ(種)も心の中にあるようです。