私は夢に向かって 生きて行く

2020年の干支

2019年の振り返り

2019年の干支は『己亥』 (きがい・つちのとい)
秋の終わりに植物が実となり、十月になって堅い「たね」がその実の中に出来る様子です。
そして、その「たね」の中にエネルギーが凝縮・蓄積している状態だそうです。
己亥の年は、まず己を正すことが必要です。
大変強いエネルギーが集まる年のようです。
60年前の己亥の年には、明治以後最大の台風「伊勢湾台風」が発生しました。
今年も、大きな台風が日本列島に大きな被害をもたらしましたね。

◆2020年 庚子(こうし・かのえね)
明瞭な変化の相の年
「終わり」と「始まり」という始末の年
陰気が極まり、陽気に転ずる年
2020年は、前年から引き継ぐものを維持・継続し、様々な汚れを祓い清めて償うとともに、思い切って更新し、新しい環境に対応できる強い体制へと改革していくべき年です。
以上、『干支の知恵 北尾吉孝著 致知出版社』より

2020年は、今までやってきことを、新しい発想で発展させることが重要です。
心の中を祓い浄めて、思い切った更新、イノベーションをして幸福な成功を達成したいですね。