私は夢に向かって 生きて行く

Jobless Recovery

Jobless Recovery

最近、続けてJobless Recovery(ジョブレス・リカバリー)の
の話題に触れました。

「雇用なき回復」という意味で、
景気が回復しても、雇用がついてこない。
と使われるものですが、最近は、
雇用無き回復とか、雇用なき発展という意味合いで使われているようです。

雇用なき発展なら「 Jobless development 」が近いのでしょうが。。

リーマンショックや東日本大震災の後でも、雇用消失がありました。
経営者は、今日のような新型コロナショックで、業績が厳しくなると、
リストラをせざるを得なくなります。
苦渋の決断ですね。

何人もの経営者とお話していると、今後は属人的な仕組みを避けたい。
給与を支払う義務のある雇用ではなく、
義務のないコミュニティーを創りたいと言う方が増えています。

ワーカーも、雇用が減少して中で、自分で事業を興すなどの
復業がますます必須になってくると思います。

あなたはJobless Recovery(ジョブレス・リカバリー)時代にどう
対応しますか?