私は夢に向かって 生きて行く

2021年は「辛丑」(かのとうし)

まだ厳しい年だけど、牛がゆっくりと歩むように

一歩一歩をしっかりと踏み出すことで、未来が開かれる年だそうです。

 

節分から約一ヶ月たちますが、踏み出すことはできましたか?

 

多くの企業で、既存事業の業績アップと

新規事業の構築を急いでいます。

 

コロナ下で、人の動きが少ないなかで業績を上げることは

難しいことと思います。

そのような中でも、社長が深く考え、学び、思考を磨いている会社は

しっかりと進んでいるようです。

社長と社員のイメージが進むことで、現実も進んで行きますね。

 

ピンチの中にチャンスあり。

厳しい状況の中、牛がゆっくりと歩むように進んでいきましょう。

きっと未来は開いていくと思います。