私は夢に向かって 生きて行く

エグゼクティブコーチングは、なぜ有効か2019.03.26

コーチングにも色々なスキルやスタイルがあります。

『パッシブに聞くこと重視』で答えを教えないスタイルが基本と言われていますが、

年齢や社歴が若いワーカーに、何をしたいのですか?と聞くだけスタイルをしても

あまりポジティブな言葉は出てきません。

 

そのため、若いジュニア世代のコーチングでは、こちらもそれなりにティーチング的な

スキルを使います。

相手の職務・目標・会社が求める課題解決にフォーカスして、いくつかのフレームワークに

沿ったコーチングとなります。

 

 

話者(話し手・クライアント)の立場が高いと、何をしたいのですか?と聞くと

しっかりと考えて、適切・的確な言葉が生まれてきます。

 

エグゼクティブ・コーチングは、きわめてPassiveなスタイルを取ります。

相手の心の中にある、ビジョンやミッション、価値観を喋ってもらいながら引き出します。

喋りながら、自分で自分の声を聞くのです。

自分の言葉に耳を傾けて喋ると、

「分はこれをしたかったんだ」

「や、もっとしたいことがあるぞ」

「れもできるな、これもできるな」

「ういえば、この課題をどうしようか」

「うしてみるといいかもしれない」

等々、様々な情報が整理されてきます。

 

自分自身の中を整理することで、社内にある、まだ未活用なリソースに気づいてきます。

 

今、使えるもの

今、すでにあるもの

今、持っている人脈

今、持っているアイデア

今、持っている人材

今、使える資金

そういうリソースをフル活用することが促進されます。

 

多くの場合、今付つかえるものには目がいかず、

今、ないものや、出来ていないことに目が行きがちです。

 

こういううまくいってないことに視線がいくのを

プロブレム・フォーカスと言います。

 

うまくいく方向や方法に目を向けることを

ソリューション・フォーカスと言います。

 

ソリューションフォーカスで、今あるものをフル活用してください。

セミナー参加の皆様、ありがとうございました。2019.02.13

2019年も東京、東北、関西にいくつかのコーチング系セミナーを開催させていただきました。

毎回、たくさんの方にご参加いただきありがとうございます。

いつも「答えは自分の心の中にある」という考え方を大切にしています。

ビジョンも、

課題も、

解決するために何をするべきかも、

大概はわかっているし、わからないことは、何を学べば、誰に聞けばいいかも

大概わっています。

時々立ち止まり、自分を整理し、高い視座を持てるようにセミナーも活用いただければ嬉しいです。

ラポールをつくるために2018.12.25

毎日、気分良く、「欲しいモノが手に入る、やりたいと思うことが出来る」と

イメージして行動するとその想いが実現していきます。

人は、自分が欲しいモノや、やりたいことについて会話をしてくれる

相手を探しています。

そういう会話を交わせる人、

自分に関心を持ってくれる人、

大切に扱ってくれる人と一緒にいたくなります。

そういう人がビジネスパートナーとなっていきます。

そういう相手だからこそ、相手の期待にも応えたくなります。

 

目の前の人が何を欲しいと思っているか知ってますか?

多くの企業人が最近心配していること2018.11.17

ここ数年、様々な業種業界に共通する心配ごと・・

 

それは我が社はテクノロジーの進化についていけるのか?

という心配です。

 

大企業がビックデータやAIでどんどん進化を加速している現在、

そのスピード感に圧倒されている企業人がたくさんおられます。

 

コーチングでは「答えは自分の中ある」

と考え、では何をするべきか。

と問いかけていきます。

 

また、本当の課題は何か。

と深掘りしていきます。

 

課題を突き詰めていく中で、今やるべきことが見えてきます。

心配をするよりも、そのエネルギーを

課題と解決に向けることで未来が開かれていきますね。

伝える力2018.11.14

 

セールスに関わる方へのコーチングでは必ずテーマになる

伝える力

 

どんなに経験豊富な方も、全然売れない商品や時期があります。

そんな時には「正しい情報」を伝えようとしています。

お客は「楽しい情報」を好みます。

一所懸命説明しても売れません。

感動や楽しさ、将来のビジョンを伝えないと売れません。

 

過去売れていたときを思い出し、

売れない今と比べると、

一番多い気づきが「説明になっていて、感動を伝えることを忘れている」

です。

 

正しい情報も大切ですが、楽しい情報を伝えることが

ツボとコツですね。

スケールメリットとスケールデメリット2018.11.08

テクノロジーの進化と社会の変化により、

様々な業界で新しい産業やサービスが生まれて、

古いものが淘汰されています。

 

ピンチの中に成長のチャンスがあるとも言われるので、

まさに大きなチャンスが来ているのだと思います。

 

飲食業界などでもスケールメリットと言われていた

規模の大きさが、コストの増大や、求人の困難につながり、

スケールデメリットと言われるようになっています。

個店にとってはチャンスですね。

 

個店は「魅力づくりがファンづくり」です。

 

コーチングでは、

そのサービスに絶対必要な「類似化ポイント」と

ここにあって他所にはない強みを活かした「差別化ポイント」を

ある比率にのっとり作ります。

 

差別化だけに目を向けてもいけませんが、差別化がないと選んでもらえません。

 

強みは自分にとっての「当たりまえ」の中に隠れていて、

他人からの視点がないと、つい見逃してしまいます。

 

業績アップのシーズ(種)も心の中にあるようです。

コーチングセミナーにご参加に皆様、ありがとうございました。2018.09.28

9月初旬より、東北、東京、関西とコーチングセミナーを開催いたしました。

統計心理学や個性心理学の要素をいれながら、コミュニケーションスキル、モチベーションアップをする

内容です。

10月11月も引き続き開催いたします。

メールやLineでのご案内になりますので宜しくお願いします。

思っても叶わないと思うとき、人は元気がなくなる2018.05.29

思いや願いを持ち続けることが、思考が現実化するための重要なステップです。

うまく行っている人に、なんでうまくいったんですか?

と聞くと、「いや~、うまくいくとしか思えなかったんだよね~」という答えが返ってくる。

 

自然にそういう思いになったんですか?

と聞くと、

「いや、思いを持ち続ける努力をしたんだ、イメージングだね」と言う。

 

『イメージングは大事』

 

「成功したいですか?」と問いかけると、多くの人が「もちろんさ」という。

あなたにとって成功というのは、具体的にどうなることなんですか?

と聞くと、

8~9割くらいの方がハタッと思考停止になるか、

ボンヤリとした答えで止まってしまう・・

 

うまくいってる人は、そのあたりが明確です。

心からポジティブな言葉をどんどん語ります。

 

夢具体化シートを書いてみると、どの程度自分が成功イメージを持っているかがわかります。

書いたものを自分が見て、ワクワク感があれば本物の夢と言えるシートです。

 

「思えば叶う!」と思えている時、人は元気です。

振り返りは心の機能アップ2018.03.22

コーチングでは1週間、1ヶ月、1年などを振り返って考える時間を大事にします。

何があった(出来事)

どういう意味や意義があった(意味づけ)

もっとよくするにはどうするべきだった(反省)

何に活かすか(未来志向)

手に入ったこと、よかったこと(成果)

を考えていきます。

 

例えが適当か微妙ですが、倉庫や机の引き出しを大掃除したり、整理すると、

忘れていたものを見つけたり、何がどこにあるか理解し使いやすくなります。

 

脳や心の中も、振り返ることで整理し、思考がより良く機能します。

よかったこと、うまくいっていることに焦点を当てるとポジティブになります。

 

ないもの

出来ないこと

うまくいくか心配なこと

に焦点を当てると大きなストレスになります。

 

今年も3月後半です。

今年よかったこと、うまくいっていることはなんですか?

これからこれをしたらいいと思うこと

やるべきことはなんですか?

 

時々立ち止まって振り返ることは大事ですね。

ウツとリワークコーチング2018.03.19

1990年代からウツで悩む方か急増しています。

コーチングの依頼でも、リワーク・コーチングが増えています。

リワークとは「再生」という意味ですが、リワーク・コーチングとは

復職のためのコーチングです。

 

ウツになるかたの多くはストレスが原因といわれています。

 

アメリカの医療雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」1998年1月号によると、

精神的ストレスが起こると、体の中に様々なホルモンや科学物質が分泌されるのだそうです。

こうしたホルモンが急速に不活性化されないと、ストレスが長引き、もし、体がずっとそうした化学物質を生産し続けると、体内の沢山の機関が有害な状況にさらされます。

ストレスは脈拍、血圧、血糖値に影響を与え、さらに強力な自然のステロイドホルモンであるコルチゾールの分泌を増加させます。

なかでも最悪なのは、ストレスが免疫組織の機能を低下させて、ガンや感染症、慢性病と戦う能力を衰えさせてしまうことでしょう。

以上。

 

過剰なストレスは早く改善して健康な生活をしたいですね。