私は夢に向かって 生きて行く

エグゼクティブコーチングは、なぜ有効か2019.03.26

コーチングにも色々なスキルやスタイルがあります。

『パッシブに聞くこと重視』で答えを教えないスタイルが基本と言われていますが、

年齢や社歴が若いワーカーに、何をしたいのですか?と聞くだけスタイルをしても

あまりポジティブな言葉は出てきません。

 

そのため、若いジュニア世代のコーチングでは、こちらもそれなりにティーチング的な

スキルを使います。

相手の職務・目標・会社が求める課題解決にフォーカスして、いくつかのフレームワークに

沿ったコーチングとなります。

 

 

話者(話し手・クライアント)の立場が高いと、何をしたいのですか?と聞くと

しっかりと考えて、適切・的確な言葉が生まれてきます。

 

エグゼクティブ・コーチングは、きわめてPassiveなスタイルを取ります。

相手の心の中にある、ビジョンやミッション、価値観を喋ってもらいながら引き出します。

喋りながら、自分で自分の声を聞くのです。

自分の言葉に耳を傾けて喋ると、

「分はこれをしたかったんだ」

「や、もっとしたいことがあるぞ」

「れもできるな、これもできるな」

「ういえば、この課題をどうしようか」

「うしてみるといいかもしれない」

等々、様々な情報が整理されてきます。

 

自分自身の中を整理することで、社内にある、まだ未活用なリソースに気づいてきます。

 

今、使えるもの

今、すでにあるもの

今、持っている人脈

今、持っているアイデア

今、持っている人材

今、使える資金

そういうリソースをフル活用することが促進されます。

 

多くの場合、今付つかえるものには目がいかず、

今、ないものや、出来ていないことに目が行きがちです。

 

こういううまくいってないことに視線がいくのを

プロブレム・フォーカスと言います。

 

うまくいく方向や方法に目を向けることを

ソリューション・フォーカスと言います。

 

ソリューションフォーカスで、今あるものをフル活用してください。

セミナー参加の皆様、ありがとうございました。2019.02.13

2019年も東京、東北、関西にいくつかのコーチング系セミナーを開催させていただきました。

毎回、たくさんの方にご参加いただきありがとうございます。

いつも「答えは自分の心の中にある」という考え方を大切にしています。

ビジョンも、

課題も、

解決するために何をするべきかも、

大概はわかっているし、わからないことは、何を学べば、誰に聞けばいいかも

大概わっています。

時々立ち止まり、自分を整理し、高い視座を持てるようにセミナーも活用いただければ嬉しいです。

未来事業と目標設定2019.02.03

12月と1月は、クライアントの経営者様たちと

振りかえりと目標設定を行いました。

年末年始の振り返りと目標設定は大切です。

 

社会の変化とテクノロジーの進化が驚くほど早い今日では、

既存事業だけを昔のまましているのはリスクです。

 

Az-iz事業のうまくいっている点・コンピテンシーモデルを見つけて

それを伸ばす。

 

さらにTo-be事業のビジョンを描き、そのビジョン実現の全体図を描くことを

コーチングの中で行います。

 

「答えは心の中ある」とは有名な言葉です。

経営者の心の中に、

未来のビジョンあります。

ミッションやバリューがあります。

 

コーチングという時間の中で、喋りながら、そこにフォーカスします。

 

すると、

 

自分のやりたいこと

手に入れたい未来

それをしたい意味

大切にしたい価値が見えてきます。

 

課題も見えてきます。

その課題にどうのように対応すればいいかも見えてきます。

 

問いかけることで、

その答えが浮かんでくるのです。

 

立ち止まり、

自分の心と対話することは、大きな発展のエンジンです。

 

今年も素晴らしい成長発展の年になりますように。

ラポールをつくるために2018.12.25

毎日、気分良く、「欲しいモノが手に入る、やりたいと思うことが出来る」と

イメージして行動するとその想いが実現していきます。

人は、自分が欲しいモノや、やりたいことについて会話をしてくれる

相手を探しています。

そういう会話を交わせる人、

自分に関心を持ってくれる人、

大切に扱ってくれる人と一緒にいたくなります。

そういう人がビジネスパートナーとなっていきます。

そういう相手だからこそ、相手の期待にも応えたくなります。

 

目の前の人が何を欲しいと思っているか知ってますか?

スケールメリットとスケールデメリット2018.11.08

テクノロジーの進化と社会の変化により、

様々な業界で新しい産業やサービスが生まれて、

古いものが淘汰されています。

 

ピンチの中に成長のチャンスがあるとも言われるので、

まさに大きなチャンスが来ているのだと思います。

 

飲食業界などでもスケールメリットと言われていた

規模の大きさが、コストの増大や、求人の困難につながり、

スケールデメリットと言われるようになっています。

個店にとってはチャンスですね。

 

個店は「魅力づくりがファンづくり」です。

 

コーチングでは、

そのサービスに絶対必要な「類似化ポイント」と

ここにあって他所にはない強みを活かした「差別化ポイント」を

ある比率にのっとり作ります。

 

差別化だけに目を向けてもいけませんが、差別化がないと選んでもらえません。

 

強みは自分にとっての「当たりまえ」の中に隠れていて、

他人からの視点がないと、つい見逃してしまいます。

 

業績アップのシーズ(種)も心の中にあるようです。

接骨院の今後2018.10.20

接骨院経営者からの相談が年々増えています。

1980年代をピークに接骨院の売り上げが減少しています。

 

 

少子化、

競合の増加が主な要因です。

 

保険診療だけで充分な収益を上げている院がなかなかないそうです。

 

コーチングはコンサルティングとは違い、

教えるのではなく、依頼者の心の中にある「答えを引き出す」ものです。

たいていの経営者には、たくさんのアイデアや対策の案があるものです。

 

ただ日々の忙しさに追われて、考える時間がなかったり

実行されていないことが多いのです。

 

本当の課題に向き合い、

やるべきことを決め、

実行すればかならず成果となって表れます。

 

サービス力を高めるのか

自由診療のサービスを追加するのか

健康関連のサービスを追加するのか

物販をするのか

 

従来のやり方に囚われなければ、いろいろなアイデアが生まれます。

答えは心の中にあるものです。

自分が納得する答えを見出して、

やり続けて、売り上げを増大させることに成功した接骨院がたくさんあります。

課題に向きあい、答えを探しましょう!

伝える力は、肌感覚の感動から2018.10.19

ジャパネットたかた元社長、高田明氏の講演を聴いてきました。

一代で大通販会社を創業された方だけに、そのお話も素晴らしい内容でした。

 

印象に残ったのは、

どんなにやっても売れない時は、商品の説明になってしまっている。

「すごいでしょーーーう!!」と感動を伝えているとどんどん売れるんです。

というお話でした。

 

羽毛布団を販売した時は、最高品質の羽毛をポーランドまで仕入れに出向き、

水鳥を見たり、工場見学したり、工員と羽毛を作る際の気持ちを聞いたりしてきたそうです。

その「感動体験」が「この羽毛布団スゴイでしょ――う!!」

「世界最高のポーランド産なんですよ~」という心のこもったトークになるそうです。

 

肌で直に感じる感動こそ、伝える力の原動力だそうです。

 

ポーランド羽毛布団は、ポーランドから帰ってきた感動を伝えただけで

たった1回のTVコマーシャルで羽毛布団が数十億円売れたそうです。

凄いですね――――!!!

 

肌感覚で感動体験してますか?

 

皆さんが今日も素晴らしい体験をされますように。

コーチングセミナー10月東京は締め切りとさせていただきました。2018.10.15

10月は東北、東京、愛知、関西でコーチングをセミナーを予定しています。

メールにてご案内しておりました10月の東京開催は満席となりました。

どうぞ宜しくお願いいたします。

コーチングセミナーにご参加に皆様、ありがとうございました。2018.09.28

9月初旬より、東北、東京、関西とコーチングセミナーを開催いたしました。

統計心理学や個性心理学の要素をいれながら、コミュニケーションスキル、モチベーションアップをする

内容です。

10月11月も引き続き開催いたします。

メールやLineでのご案内になりますので宜しくお願いします。

休業のお知らせ2018.06.06

お客様各位

 

時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら瓶社は海外出張に伴い下記の期間を休業とさせていただきます。

6月7日より6月19日

 

期間中、皆様には何かとご不便をお掛けいたしますが、これまで同様変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社ミッションコーチング代表取締役 水村和司