私は夢に向かって 生きて行く

今年もありがとうございました。2019.12.28

皆様

今年1年もお世話になりました。
ありがとうございます。

コーチングやカウンセリングという相談業務の世界に入り、
24年になります。
社会の変化や、自分自身の年齢による顧客の変化により、
年々、相談内容が変わります。

会社経営者からの相談では、業績のアップという軸は変わらないものの、
新規事業をいかに自分自身のミッションと同一化するか。
社会の変化に対応する、我社のビジョンとは何か、、
等の相談が増えました。

また、10年ほど前は、集客の相談が多かったのですが、
最近は、お客様を集めるよりも、新規採用や中途採用というスタッフを集める方が
難しいという少子高齢化ゆえの相談が圧倒的に増えました。

消費税増税で、ますます消費が冷え込んでいる昨今、
来年は、新しい発想や、強い熱意で、発展を創造していかないといいけないと気を引きしめています。

『ミッションに向かい、ミッションを遂行するときにこそ、
個人も団体も、最高の幸福感と最大に成果を達成する』
という戦略論の言葉があります。
クライアント様のミッションを引き出し、素晴らしいビジョンを達成するコーチングを提供出来るように、今後も精進してまいります。

今後とも宜しくお願いします。

フォーカスすると見える世界が変わる2019.11.21

フォーカスすると見えてくる

毎年、12月が近づくと、パーソナルコーチングでは今年の振り返りと
最後の追い上げ、来年への準備という内容になります。

振り返りは大事です。
今年手に入れたこと、達成したこと、変化したことにフォーカスすることで
色々なものがハッキリと見えてきます。
さらに、やりたいことや、やるべきことに目を向けることで、
『課題』も明確になります。

長引く不景気、人材不足、変化する社会、進化するテクノロジー、
など、今はボヤボヤしていると、すぐに置いて行かれてしまいます。

本当の課題や問題から目をそらさずに、しっかりとフォーカスすることは
ストレスも感じますが、見える世界が変わります。
今やるべきことがハッキリとしてきます。
ハッキリとするから、様々なアイデアが湧いてきます。
たくさんの情報から有益な情報を選別できます。

フォーカスには、自分の持っている、情報、能力、才能、やる気、時間を
一つにまとめて、課題を突破していくパワーがあります。
今日も大事なことにフォーカスしていきたいですね。

今の自分を変えたかったら2019.11.16

今の自分を変えたかったら

「大きな人は大きな夢を、小さな人は小さな夢を見る。今の自分を変えたかったら
、夢の大きさを変えることから始めたらいい」

とロバートキヨサキ氏が言っておられます。

夢の大きさは、その人自身を表すそうです。

大人になり、現実感が大きくなると夢が小さくなります。
恐れ
あきらめ
挑戦して出来なかったらどうしよう・・
などの不安感が襲ってきます。

でも夢がないと進むべき方向もなく、
やるべきことも見つからなくなります。

「このままで充分幸せだ」
「全てを手にいれた」
という方以外で、をもっとより良く変えたい人は、
夢の大きさから変えてみませんか。

小さい成功(スモール・ウィン)2019.10.23

大きな成功のためには、日々の小さい成功スモール・ウィンの
積み重ねが大切です。

小さい成功のためには、
小さい目標が必要です。

遠く大きな目標も大事ですが、
日々の小さい目標はもっと大事です。

その小さな目標を見つける問いかけは、
「これをすれば、目標達成が容易になる、今日できる最も重要なことはなんだろう」
です。

新しい見込み客に会うとか、
やるべきことを決めるとか、
顧客との信頼関係を深める何かをするとか、
最も重要な問題が何かを発見するとか、
人によって違いはありますが、今日できる最も重要なことを決めれば、
そこに向かって力と時間、資源を投入出来ます。

あなたは、今日何をすれば小さな成功スモールウィンになりますか?

今週のコーチングセミナー参加の皆さま2019.10.05

ご参加ありがとうございました。
今回は、基本を重視する内容でしたので、新鮮さや面白みが少ないかな・・・と
若干の心配がありましたが、
皆様からのフィードバックでは、
「基本に立ち返れてよかった」
「シンプルな方が使いやすく効果が大きい」
「やっているつもりで、全然できてなかった」
「喋りながら考えをまとめたり、アイデアを出すコツがわかった」
「リラックスしながら聞くと、相手もリラックして喋ることが初めて体感した」
等々

ポジティブな感想をいただくことができました。

業績を上がるためには、たくさんの仕事をこなさなくてはなりません。
ポジションが上がるほどに、責任やコミュニケーションをする回数も急増します。
どんどん個人の時間が少なくなっていきます。
ストレスもたまってきます。

そんな時こそ、コーチングスキルの喋りながら考える。
自分の本当にやりたいことや、やるべきことに目を向ける機会や時間が貴重だと思います。

コーチングのスキルはシンプルですが、効果が大きいので是非活用してください。
皆様のますますのご活躍を念願しております。

幸せで健康に生きる秘訣とは何か2019.09.02

幸せで健康に生きる秘訣とは何か!

私は、
「人が幸福に成功出来るポイントは何かに、大きな関心があります」
コーチングのテーマにもしています。
そんな問いに、気づきを与えてくれる動画です。

ハーバード大学教授 ロバート・ウォールディンガー氏
「人生を幸せにするのは何? 最も長期に渡る幸福の研究から」
という超有名な講義(TED)です。
日本語字幕が着いてます。
2千800万回も見られてますね(2019年9月2日現在)

良い人生を決めるのは、収入の多さでもなく、有名になることでもなく、
実は良い人間関係の中に生きているかどうかであった。
という研究結果が出たそうです。

企業も団体も、良い人間関係をつくれるコミュニティーになっていくことが大事ですね。

決めないとサポートは受けられない2019.07.22

 

意思決定をすること、目標設定をすることは全ての始まりです。

友人や仲間、その他様々な方からのサポートは、

まず自分が決めないと受けることが受けられません。

 

運や導きのような、目には見えないけど存在する力からも

決めないとサポートを受けられません。

 

決めないと、

「どうしよう」

「どうしよう」

「どうしよう」

 

と、迷いの中に入り、

時間だけが過ぎていきます。

 

 

たくさんの方に出会い、

座談や雑談をしていると、

簡単な相談をされることが多くあります。

 

 

先日も、ある方が仕事上の悩みを話してくれました。

課題はシンプルで、顧客単価が低いのと、

リピートが良くない。

と言われるので、

「どうしたいんですか?」

と聞いたのですが・・

「こうしたい!」 という答えが出てきません。

 

悩みを聞いて欲しいし、

理解して欲しいとは思っても、

解決したいとは決めていないのでしょう。

こういう迷いや悩みの中にいる方は多いです。

 

 

どうしたいかを決める

どうするべきかを決める

 

 

決めることで、GOALが見え、やるべきことが見えてきます。

決めることで運気が働きます。

決めることには力があります。

 

 

決める

そして動く

 

 

この2つをしっかりマネジメントする人が、業績を上げています。

考えてから喋るのではなく、喋るから考えが深まる2019.07.16

コーチングでは、クライアントが喋りながら考えを深めたり、

アイデアが湧いたり、

決断するという場面に多く出会います。

 

喋るという行為は、

クライアントにとっても、同時に聞くという行為になります。

 

自分はこんなことを考えているんだな、

いやもっとこんなこともあるぞ、

こうしたらいいぞ、

あれもあるな、

 

等々、

思考が思考を引っ張り出して、何をしたいのか、

何をするべきか、

いつするか、

どうやってするかというアイデアが生まれてきます。

 

アイデアがどんどん出ることで、やる気が引き出されてきます。

やる気はアイデアに続いて出てくることが多いです。

自分で考えて、自分で答えを出すという流れが、

自発的な意思決定や行動につながります。

 

あなたは誰かに、気持ちよく喋っていますか?

 

気持ちよく喋れる関係性や環境は大事ですね。

意味や意義を見つけるミッションコーチング2019.07.03

ミッションコーチングは人生や仕事の使命を見いだすコーチングです。

使命というと大げさに聞こえるなら、意味や意義とでも良いと思います。

 

自分がこの世に生まれてきた意味は何か

人生において何をするべきなのか

今もっとも大事なことは何か

今の生き方や仕事は使命にあっているのか

 

何のために生きているのか?

何のために働いているのか?

 

こういうことがわからなくなったり、

深い迷いの中に入ると、力が出なくなります。

 

ミッションコーチングでは、

「本当はどうしたいのですか?」

「本当にやりたいことはなんなのですか?」

「どうして今の仕事を選んだのですか?」

「どうしてこの会社を起業したのですか?」

 

どうして

どうして

どうして

 

なぜ

なぜ

なぜ

 

と深堀していくと、深い回答が浮き上がってきます。

 

本当にやりたいこと

やる意味や意義

それらが明確になることで、

今までにないやる気が湧き上がってきます。

ブレークスルーポイント2019.07.01

ブレークスルーという言葉は、

進化や前進、障壁や課題を一気に突破するという意味があるそうです。

 

仕事をしていると、業績が伸びず、停滞感に包まれることがありますが、

そんな壁を突破して大きな進化や前進をする方々を仕事柄よく見ます。

そんな方々にコーチングでは、どうやってブレークスルーをされたかを

聞いていきます。

 

ブレークスルーをしたやり方や考え方に気づいてもらい、

システム化するためです。

 

例えばこんな風に聞きます。

○○さん、最近大きな成果がありましたね、どうしてこのような大きな成果が生まれましたか?

要因は何でしょうか?

 

1年前になかったことで、今持っているもの、達成したことはなんですか?

 

どうしてそれらが達成出来たと思いますか?

 

なぜ?

なぜ?

なぜ?

 

と聞いていくと・・・

 

共通してよく出てくる答えは、

 

刺激的な人に会い、良き刺激を受けた

少し時間をとって、自分が本当にやりたいことに意識を向けた

良書を読んで、変化や気づきが起こった

どうしたら出来るかという、ビジョンを考え続けているうちに回答に気づいた

 

などが出てきます。

 

刺激的な人との出会いがきっかけだったということはとても多いです。

 

皆さんも良い刺激を与えてくれる人と出会ってますか?